これから台風の季節です。備えは万全に、避難は早めにしましょう。

奄美群島

台風が発生していますね。

奄美大島はこれからの時期7月~10月頃は毎年、たくさんの台風がやってきます。

どれくらいかというと、ここ10年で奄美に接近した台風の数はこんな感じ。

※台風の中心が鹿児島県の奄美地方のいずれかの気象官署等から
300km以内に入った場合を「奄美地方に接近した台風」としています。

2012年  9個
2013年  3個
2014年 8個
2015年 3個
2016年 4個
2017年 3個
2018年 9個
2019年 1個
2020年 4個
2021年 2個

特にここ数年は台風の数も増えて、強さも強くなっているように感じます。

奄美大島は生活物資の多くは、鹿児島からのフェリーでやってきます。何日間もフェリーが入港しないこともあります。
特に保存できない生鮮食料品は、フェリーが欠航すると、島では品薄になります。

台風が近づくと、フェリーが欠航しているので、スーパーではまとめ買いしている光景をよくみかけます。
乳製品やパンなどのコーナーは何も無い状態になります。

台風の直前や直後は海も荒れ波も高くなります。くれぐれも気をつけましょう!

台風から離れていても、大雨が降ることもありますので、備えは万全に、避難は早めにしましょう!

こちらの政府広報オンラインにも、台風時の注意事項があります。

大雨や台風の気象情報に注意して 早めに防災対策・避難行動を行いましょう | 暮らしに役立つ情報 | 政府広報オンライン
初夏から秋にかけては、台風や前線の影響で、大雨、洪水、暴風、高潮等による自然災害が発生しやすい季節です。皆さんが早めの避難などの防災行動をとることができるよう、気象庁は様々な「防災気象情報」を発表しています。時間を追って段階的に発表される「早期注意情報」や「気象情報」、「注意報」、「警報」などの防災気象情報を有効に活用...

フェリーの運行状況は、それぞれの運行会社のサイトで確認できます。

マリックスライン
http://www.marixline.com/

マルエーフェリー
http://www.aline-ferry.com/

皆様、これからの季節は台風情報もチェックしてください。

 

 

タイトルとURLをコピーしました