MOZKの商品は奄美大島で1点1点手絞りで柄を作り、手作業で染色しています。


 

          その日の気温や湿度によっても色合いが変わることがあるので 微調整をしながら染料の様子を見て

          染職人の知恵と長年の感覚で色味を調節していきます。

 

           泥染めは1300年の歴史がある「本場奄美大島紬」における代表的な染色技法です。

 

 

          植物による『草木染』と奄美大島特有の泥とを交互に染め付けることによって、

          泥中の鉄分、 ミネラル成分が植物色素に含まれる ポリフェノールと化学反応を起こし、

          独特の渋い色合いに染まります。草木と泥との複合を繰り返す事で独自の色を生み出しています。


            泥染についてはこちら
 

           奄美大島の地域資源も使用しています。
           マンゴーや、グァバは直接農園に伺い、染料になる葉っぱを集めています。

 
 
 
          藍は人類最古の染料「JAPAN BLUE」とよばれ、日本の伝統を象徴するカラーにもなっております。
 

           藍染についてはこちら
 

          染色は2日間程かけて完成し1点1点手絞りをしている為、必ずしも同じ染まり具合とは限りません。
 

          あなただけのとっておきの一枚となります。

          天然染めの優しい独特な色合いをお楽しみ下さいませ。